日本は今、外国人労働者が増加しています。

日本人と外国人が共に働く場面は増えています。

日本で働く外国人スタッフに必要な研修とその順番

日本で働く外国人を、最近益々見かけるようになりましたが、

一体どれくらい増えているのでしょうか。

日本にいる外国人の数

2016年の在留外国人は、238万人。

これは、過去最多です。  

永住者は、72万7111人。

これは、約10年で10倍に増加しています!

そして、外国人労働者数は、108万人!

これも過去最高です。(届け出義務以降)

外国人労働者の多くは、製造業、 卸・小売業、宿泊・飲食サービス業で働いています。

これからの日本は

少子化による労働人口の不足や、制度変更(永住権取得に必要な日本滞在期間の短縮化や在留資格の項目追加等)によって、

今後、日本における外国人労働者の数は、増え続けると予想されています。

つまり、

外国人と働く場面が増える!! ということです。

Are you ready?

そのような状況が確実にやって来る中で求められることは、

異国籍のスタッフと共に働くことに、スムーズに順応すること

更には、

外国人と日本人がそれぞれの良さ(個性)を活かし、仕事でのアウトプットの品質を上げること

そのために必要な多国籍従業員教育は、外国籍従業員だけが対象ではありません。

日本人含む多国籍従業員が高いパフォーマンスを発揮するために大切な教育は、

受け入れ側の日本人従業員も対象ですが、

今回は、「外国籍従業員が受ける研修」という視点でお伝えします。

日本で働く外国人には、どのような教育が必要なのでしょうか?

日本で働くのだから、当然、「日本のサービスを教える」「日本人のおもてなしを教える」などが挙げられるでしょう。

実際、このような研修を外国籍従業員に行っている会社も多くあります。

落とし穴

それらの研修は、もちろん必要です。

しかしながら、「順番」を間違ってしまっては、その研修の効果は薄れてしまいます。

最悪の場合は、良かれと思って行ったそれらの研修によって、外国籍従業員と日本人従業員の間に溝を作ることにもなりかねません。

実は、

日本のサービス、日本人のやり方、日本人のおもてなし、

これらを伝える前に、

日本人従業員と外国籍従業員に、「伝える」「伝わる」「受け止める」ための土台を作る必要があるのです。

外国人社員に必要な研修と、その順番

具体的に言いますと、

外国籍従業員に対して最初に行うべき研修は、

お互いの強みを融合させた組織作りが出来るマインドを養成するための研修 です。

日本的経営、働き方、行動特性とその奥底にある日本文化の本質を学び、

日本文化を基に、自分の文化を振り返り、他者に説明できるようになった先に、

日本文化の中で働く、自文化の強みを持った自分(外国籍従業員自身)の理想の姿がイメージできるようになります。

つまり、

「異国籍従業員と共に働くために必要なマインド」つまり「日本人従業員と働く外国籍従業員に必要なマインド」という、

「土台」を先に作るのです。

土台がなければ

土台を創ることを省略し、日本人のサービスを教育し、How Toやスキルを伝えても、

自発的に考え、遣り甲斐を感じ、遣り甲斐を自ら生み出し、自律自走する外国籍従業員には、なりにくいのです。

それはまるで、

泥沼の上に家を建てるようなもの。。。

しっかりとした土台(地面)がなければ、その上に輝く家は建ちません。

ですから、

まずは、土台の教育をしてください。

地震が起きても崩れない、家の「基礎」を築いてください。

その次に行う研修

では、その次に行う研修は、例えば接客現場の社員ならば、

・Introduction to Hospitality(ホスピタリティの理解)

・Customer Satisfaction(顧客満足)

これらを踏まえた上で、具体的なスキル付与研修を行います

しっかりと土台を築いた外国籍従業員なら

日本人の仕事のやり方、サービスの細かい手順等のスキルを学んだ時、

ひとつひとつの手順に対する理解(理由や文化背景など)がスムーズに行えるため、

吸収力がグンとアップします

スキルを学ぶことで精一杯なのではなく、

学んだスキルを「自分ならどう活かすか」と考え始めます。

「他の日本人従業員の中で働く自分の存在意義」を意識し始めます。

これは正に、

会社の財産です!!

素晴らしい人財です!!

理想の多国籍チーム

しっかりとした研修を、正しい順序で行えば、

お互いの強みを「融合」した組織が生まれます。

自分の思いや主張を、適切な方法で、しっかりと周囲に伝え合い、

他の社員に対して興味と配慮を持ち、

より良いアウトプットを達成するために互いに力を出す、

そんな組織。

そして、

日本人の先輩に人生相談をして心が軽くなり、

母国の母親から届いたという非常にニガイお茶を「〇〇先輩の健康のために!」と笑顔で大量に分け与え、

「日本に来てあなたに出会ったから私の人生は楽しくなりました。あなたは私の恩師です。」と涙目で伝え、

「あなたが困難に遭った時、私は必ず助けます。」と手紙を書く、

そんな外国人が生まれます。

このようなチームが提供するサービスだから、お客さまの心にまで届くのです。

絆グローバルの教育

絆グローバルは、「外国籍従業員が力を発揮し、日本人従業員と良好なコミュニケーションを築き、会社が求める結果を出すための教育」のご相談に乗らせていただいています。

弊社の教育は、大きく「基盤形成」と「スキル付与」に分かれており、従業員の状況に応じた教育を、最適な順序で行うことを大切にしています。

「最適な順序」で教育を行う

同じ研修を取り入れても、その順序を間違えてしまっては、研修効果は驚くほど異なります。

グローバルビジネス環境で、20年以上教育を担当した講師陣だからこそ、確信を持ってご紹介させていただきます。

貴社の外国籍従業員に「伝わる」教育を行う

良い教育とは、企業や部署、職種、国籍、タイプによって異なる外国籍従業員である研修受講者に、「きちんと伝わる」教育です。

「正しい研修を取り入れたにも関わらず、従業員の能力や態度が、結局変わっていない」というお悩みを持つ人事担当者、現場責任者が多く見られます。

それは結局、取り入れた教育が、外国籍従業員や日本人従業員に、「伝わっていない」「理解できていない」「重要だと気付いていない」からでしょう。

結果、「良好な職場コミュニケーション…の意味が分からない」「求められる仕事を行う…意味が分からない」「自分なりの勝手なやり方で働く」外国籍従業員が増え続けていくのです。

最悪の結果は、外国籍従業員が「ルールを守らない」「ルールをルールと思っていない」「反抗的な態度を取る」、「職場から信頼し合って働く風土が消える」そして、「お客さま満足度が下がる」「売上が下がる」「従業員が辞めていく」です。

折角教育を取り入れても、成果が出る教育を取り入れなければ、意味がないのです。

半年前、1年前に取り入れた研修と同様の研修を、別の研修会社に依頼することで、少しの方針転換をし、根本解決が先延ばしになる。従業員に対して罰則や監視を取り入れるようになる。負のサイクルです。

このサイクルにはまってしまった組織を変えるには、時間と労力と、何よりも、相当の覚悟が必要になります。

責任者、人事担当者、教育担当者側に、相当の覚悟が必要になるでしょう。

内製化をサポート

多国籍従業員教育を含むグローバル化対応教育は、内製化させることが大切です。

外国人と共に働く機会や、外国人顧客に対応する機会が、今後増えることは必至です。

外国人が新たに入社する度に、教育は必要になります。

外国籍従業員が社内でリーダー等の責任あるポジションに就くことも、当然増えるでしょう。

その度に教育を外部に委託するのではなく、社内教育担当者が教育を行うことが理想です。

私共の研修は、研修実施前から社内教育担当者と密に関わることで、教育の内製化をサポートしています。

また、教育の効果を持続させるために、教育担当者以上の立場の方へ向けた事前説明も行っています。

組織が「多国籍である」ということは、最強チームを創る上では大きなチャンスです!!