代表 Hirano

グローバル組織と人財のための基盤形成教育 コンサルタント

  • グローバル人財&組織基盤形成教育、外国籍従業員教育内製化サポート、多国籍従業員指導者教育、外国人顧客対応教育(宿泊施設、物販店、飲食店、企業、商工会議所、専門学校、高等学校、中学校、障がい者施設、等)
  • 伊勢志摩サミットにて省庁直属外国人お客様対応

元ANA国際線CA、約18年の乗務歴

  • 英国格付け機関Skytraxによる調査便担当チーフパーサー、ファーストクラス、多国籍CAを率いるチーフパーサー、皇族フライト、VIPフライト選出メンバー、要人チャーターフライトメンバー
  • 外国籍従業員の評価・育成・訓練、部内グローバル教育担当者、機内アナウンス品質向上プロジェクトメンバー、機内アナウンス指導者、PR活動担当としてテレビ出演等

 

グローバル教育を始めた理由

私は京都外国語大学英米語学科を卒業し、

当時英語力は上級レベルという実力があったにも関わらず、

外国人とのコミュニケーションに数多くの挫折を経験します。

挫折を生んだ原因は多々あり、仕事を行う上でのビジョンの質の低さ、英語を使う目的意識の欠如、異文化に対する誤認識、他者許容力の低さ、グローバルマナーに対する無知、感謝の気持ちの欠如・・・・・・

簡単に言えば、「人間力の低さ」でした。

信頼を失い、人が離れ、評価を失い、自信をなくし、肌はひどく荒れ・・・・・・

外国人が怖くて、嫌いで、自分を傷つける存在だと捉えていました。

どん底でした。

その後、約20年間で40,000人を超える研究データと経験をもとに、

外国人とのコミュニケーションがうまくいく人の特徴に確信を得ます。

外国人との接点において、心地よく絶妙なコミュニケーションを展開するノウハウ、

外国籍従業員のモチベーションを高く保ち、良好なコミュニケーションを築きながら、組織として業務品質を高めるために欠かせない要素に気がつきます。

確固たるマインドが基盤となるそれらの要素を、自らが身につける努力を重ねました。

結果、会社全体のサービス品質を高めることに微力ながら貢献します。

そして、外国人とのコミュニケーションの最中、
「相手を知りたいという興味」
「興味を持ってもらう嬉しさ」
「相手を知った後に出てくる更なる関心」
「自分を知ってもらう喜び」
「目的を共有し共に力を合わせる団結の興奮」
「最善を尽くした後に共に喜ぶ達成」

これらを感じた時、胸が震え、静かに興奮し、

心から喜びを感じている自分に気付きました。

 

私は、「心の成長」「心の豊かさ」が、グローバルコミュニケーションに与える影響の大きさを知りました。

 

活かされず存在の薄かった私の英語力は、役割を見つけました。

過去失った信頼は、勿体ない程の評価に変わりました。

 

自分が経験した挫折のメカニズムと、乗り越え感じた喜びを、他の人にも知って欲しい。

多様性豊かな社会に潜む暗闇へ向かわないで欲しい。抜け出して欲しい。

私は、そのためのノウハウを見つけた。

うまくいかない時の苦しみを、知っている。

これが、この仕事を始めた理由です。

 

◆ビジョン

自身の魅力・能力を最大限活かし

社会の持続可能な発展を支える人財が増えること。

そして、多様性豊かな時代において

他者との関わりの中で、関心・表現・団結・達成を楽しみ

胸躍る人々が溢れる日本が生まれること。

 

◆ミッション

環境問わず活躍する人財と、豊かな多様性と関わる人々が、

胸躍る楽しさと、心震えるやりがいを感じるために必要な

マインドとスキルを届けること