MENU

『絆グローバル ~Kizuna-global~』

グローバル化対応におけるコミュニケーションと組織創りのお悩みを、
研修とコンサルティングでサポートさせて頂く絆グローバルです。


日本中で増え、人口が減少する日本を支えてくれる存在である、
外国人のお客さまと労働者。


外国人のお客さまに満足して頂き、愛され続けるサービスを提供したいと願う日本の事業者の声は、
・果たしてどこまで外国人顧客にサービスの魅力が伝わっているのか
・どうすればもっとこのサービスのファンになってもらえるのか
・どうすれば現場の接客従業員のもてなし力が向上するのか


現場従業員の思いは、
・もっと良い接客をしたいが、何をどうすればよいのか
・言葉や異文化行動に戸惑い、前に進めない
・語学の得意不得意に関わらず、従業員全員のモチベーションを上げたいのだが


外国籍従業員と働く人々は、
・必要な教育しているのに思うように働いてもらえない
・日本の常識とかけ離れた言動に戸惑いは膨らむ
・社内ルール、監視が増える結果に悩む



外国人のお客さまに接客する人々の中で、外国人の心を熱く動かし、サービスのファンにしてしまう人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。
英語上級者?海外経験の豊富さ?

違います。

彼らは、外国人顧客が真に求めるものを見ています。
商品に頼らずサービスの本質を見ています。
いかに多くの人々に幸せが還元されるかを見ています。


外国人顧客対応のプロは、どのように生まれるのでしょうか。
彼ら自身はどのような努力と心がけをし、彼らを支える会社はどのような組織なのでしょうか。


日本人含む多国籍従業員が、それぞれの能力や特徴を存分に活かし働き、
多様性が強みとして活かされている組織には、 どのような要素があるのでしょうか。

外国人のお客さまや外国籍従業員とのコミュニケーションの質を高め、
成果を挙げる組織創りを目指しましょう。



最新記事