動画で即理解「マスク異文化、心得と表現」外国人へ感染症対策説明/英語

観光再開で予想されるコロナ対策異文化の「壁」!

それ、実は心が通い合う道へ続くドアです。

予想されるコロナ異文化の壁

動画で即理解「マスク異文化、心得と表現」外国人へ感染症対策説明/英語

これから、マスク着用意識が世界一高い日本に、外国人観光客の方が戻ってきます。

そこで予想されるのが「コロナ対策異文化の壁」

受入れ準備を進める接客現場から聞かれるのは、このような声です。

  • マスクをしてくれない外国人の方がいた場合どう対応しよう
  • 協力はしてほしいけれど、嫌な思いはさせたくないし
  • 日本人の感染症対策意識って世界から見ると異様なの?
  • 外国人観光客の入国のせいで感染者が増えたなんて避けたい
  • 英語が苦手でも、伝えたいし、心を通わせたい
  • 日本のルールを押しつけられて、日本人嫌いにならないでほしい
  • 「ルールだから」「日本だから」それでいいのか

異文化に摩擦はつきもの?

「異文化に摩擦はつきもの」という考えもありますが、私はそうは感じていません。

大切な意識を踏まえるだけで、その心配は「外国人の方との笑顔の交流」に変わります。

すぐに使える英語が手元にあるだけで、「心と心が通い合う時間」が生まれます。

分かり合えない外国人はいない

外国人のお客さまトラブル・クレーム解決数が社内一だった元ANA CAと、外国人スタッフ専門教官だった元JALCAが対応のコツとロールプレイをダイジェスト2時間に凝縮してお伝えします。

外国人トラブルを解決し続けた者が、今こそ日本人に必要な意識と、対応のコツを凝縮しお伝えします。

今のうちに準備を!

動画で学ぶ方法[Udemy]

以下リンクからUdemyへアクセスし、受講する。

https://www.udemy.com/course/infection-control-communication/?referralCode=31F4B3A18CA892CB98C1

  • 20名以上の受講にはUdemy Businessがお得!
  • 2022年6月中にUdemy Businessで30名以上が受講予定の場合、先着5組の方に、90分の無料セミナー(マインド基礎)をさせていただきます。ご連絡ください。

各レクチャーのテーマ

▶各章のテーマ

1.感染症対策に関する英語

シチュエーション別英語説明方法・ロールプレイで表現確認・即使えるシートの活用

2.基本の英語とテクニック(基本の接客英語でウォーミングアップ)

英単語とフレーズの学習と、外国の方と心を通わす基本テクニックを確認

3.安心安全が最優先

安心安全が最優先(外国人は情報弱者)/グローバルCSに重要なマインド/おまけの会話

▶添付教材

○感染症対策英語説明資料

○安心・安全シート3種

 ・地震等発生時の館内放送基本英語マニュアル

 ・体調確認指さしチェックシート

 ・アレルギー確認相互チェックシート

講師 2名

○平野麻紀子|Mackey

  • グローバル人材基盤形成教育とCS教育、D&I教育 講師。学校・企業研修。
  • ANA18年勤務。ANA時代は、外国人顧客のトラブル&クレーム解決数社内一、5スター獲得Skytrax品質調査便の責任者、外国人スタッフの教育・採用などを経験。
  • 独立後、多国籍組織のための従業員教育と内製化サポート(東京都支援教育に採用)や、世界一と評されるレストランnoma(デンマーク)の海外初進出店舗の多国籍従業員教育など担当(Tokyo INUA|ミシュラン星獲得)。

○ 下高原由記|Shimo

  • グローバル人材教育、CS教育、英語発音教育、D&I教育 講師。企業研修多数。
  • JAL17年勤務。JAL時代は、外国人スタッフ専属トレーナー、機内アナウンス指導者、社外セミナー講師。

2名の講師が、数々の英語ロールプレイを通して、外国の方と心が通い合うコミュニケーションの心得と表現をお伝えしています。

教材

○感染症対策英語説明資料

○安心・安全シート3種

 ・地震等発生時の館内放送基本英語マニュアル

 ・体調確認指さしチェックシート

 ・アレルギー確認相互チェックシート

「分かり合えない外国人はいない」

外国人トラブルを解決し続けた2名が、今こそ日本人に必要な意識と、対応のコツを凝縮しお伝えします。

数々の英語ロールプレイを通して、外国の方と心が通い合うコミュニケーションの心得と表現を確認しましょう。

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください