つぶやき★これから求められる力「全てに意味があることに気づく」

これからの時代に、強くしなやかに時代を生きる人財・組織には、いくつかの考え方を知ることが大切です。

その中でも最も大切な考え方の一つが、「全てに意味があることに気づく」です。

 

例えば、今、いくつかの国の指導者達は、多くの人々の批判の的になっています。

現実、その指導者達のマネジメントによって、命の危険にさらされる人さえいます。

つい、「何考えてるんだよ!指導者やめろ!よく考えろ!」と思ってしまうこともあるでしょう。

自分に直接的に影響がないようでも、「ダメな指導者だ」とか「呆れる」などと感じてしまうこともあるでしょう。

国の指導者に限らず、組織でも同じような現実があるでしょう。

ただ、このような現実には、実は別の側面があるのです。

「多くの人々の心に、葛藤を生み出す」

「多くの人々に、正義とは何かを考えさせる」

「多くの人々に、大切なモノに気づかせる」

このような効果を生んでいるのが、一見、マイナスに見える事象です。

一度に多くの人々に、大切な気づきや内観機会を与えるのが、一見、適任とは思えないリーダー達です。

普通の人に、その重責は担えないのです。

多くの人々の批判にさらされても、自分の信じる道を進む。

人々が充分気づくまで、その道を貫き通す。

そこまでの行動、普通はできません。

ビビりの私には到底無理です。。。

 

彼らには、彼ら自身も認識していない役割があるのです。

そのことが分かるのは、時代が過ぎてからです。

 

ですから、何が言いたいのかといいますと、

自分の目にマイナスに映るの事象・人物からは、学び・気づきを得る。

これで充分です。

その先まで行かなくても良いと言うことです。

「その人物の批判」です。

批判を始めると、自分の力は建設的なことに使われなくなります。

無駄だと感じます。

 

頭の良い人は、批判がいかに無駄か分かっているので、しません。

更に、ビジョンがある人は、批判を向ける対象が、そもそもありません。

全てに意味があることに気づき、感謝すらしているからです。

視点を広げる、ということでしょうかね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください