外国人のお客さま対応の基礎力を高める研修のご紹介をさせていただきます。

外国人顧客対応 基礎力養成研修

外国人顧客対応基礎力養成研修は、年間1,000人以上の方が受講くださっており、

年間の受講者人数は年々増え続けています。

受講者の方は、主に外国人のお客さま対応を日常的に行っている方です。

(ホテル・旅館・レストラン・空港・電鉄・航空・アパレル・美容・病院・自治体通訳・百貨店等)

研修の目的

外国人のお客さまが真に満足するサービスを提供する事業者が増えること。

研修の目標

  1. 質の良い外国人顧客対応の基盤となる8要素を理解する(マインド)
  2. 異文化受容ともてなしの心をアウトプットするためのスキルを身につける

研修内容

グローバル顧客対応基礎力養成研修は3つのカテゴリーに分かれており、

3カテゴリーはセットで学んでいただきます。

以下、カテゴリー毎の研修所要時間と簡単な内容紹介です。

1.異文化理解と受容 半日 導入(ビジョン・現状等)/様々な異文化/異文化の背景/文化の3側面/自文化理解/異文化受容方法/ケーススタディ&ロールプレイ 等
2.グローバル顧客対応/CS 1日 導入/グローバル高CS達成の必須8要素/接客英語コミュニケーション 等
3.高CSを生むチーム力 半日 理想の接客チーム/チームの安定と連携/One Teamの意識 等

 

  • 1「異文化理解・受容」の研修は単体で受講していただくことができます。
  • 2「グローバル顧客対応」を学ぶ場合は、1~3(異文化理解・受容~チーム力)全てを受講していただきます。
  • 2「グローバル顧客対応」には、英語クレーム対応教育は含まれていません。
  • 上記で紹介した内容は、受講者状況等により変わることがあります。
  • 詳しいカリキュラム、料金等については、お問い合わせください。