【日本人従業員向け】多国籍従業員 受入れ研修

【日本人従業員向け】多国籍従業員 受入れ研修 

外国籍従業員が入社することで、組織に生まれた多様性を「会社にとっての強み」「価値」にするか、または、「悩みの種」にするか、これは、受入れる日本人側、会社側の姿勢によって左右されます。  

 

多様性を価値に変えるための取組み・教育

多様性を価値に変えるための取組み・教育

 

大切なことは、多国籍従業員ばかりを育てようとはしないことです。 逆に言えば、企業の姿勢、日本人従業員の状態が整っていれば、外国籍従業員教育は必要最低限のビジネスマナー&文化理解研修程度で済むはずです。  

 

◆多国籍従業員が働く組織の正しい準備項目と順番
  1. 経営陣によるビジョンと行動基準の決定と提示
  2. 受け入れ体制整備(日本人従業員へのマインド&スキル教育)
  3. 外国籍従業員へのマインド&スキル教育
  4. 継続した取り組み

 

 組織・日本人従業員に求められるもの

◆組織に求められるもの
  • 良質な企業ビジョンを明確に設定し、全従業員が目指すべき方向性を示すこと
  • 行動基準を設定し、全従業員が安心して働きやすい環境を創ること
  • 経営層が率先して異文化理解/多国籍チーム作りに取り組み、手本を示すこと
  •  
 
 
 
    ◆日本人従業員に求められるもの
  • 会社のビジョンと従業員が求められている期待値の理解
  • 異文化をスムーズに受け入れるマインド
  • グローバルチームを率いるしなやかなリーダーシップの発揮
  • 高いサービスパフォーマンスの発揮
  • グローバルコミュニケーションスキル

 

「受入れ側=会社・日本人従業員側」の受け入れ体制を整えるための研修を行ってから、外国籍従業員向け研修を行います。  

 

 

受け入れ体制を整える「多国籍従業員 受入れ研修」

研修の目的

日本人含む多国籍従業員が、それぞれの能力・魅力を最大限活かし、高いパフォーマンスを継続的に発揮し、会社が掲げるCSに関する目標を達成すること  

 

研修の目標

多様性を強みに変えるための企業・従業員としての在り方・行動を身につけること

 

研修内容

1.異文化理解・受容導入/様々な異文化/日本人の異文化対応力と文化背景 
2.主体性・ビジョングローバル環境で働く上で欠かせない主体性とビジョン意識
3.グローバルCSグローバル高CS達成に必要な8要素/英語接客コミュニケーション 
4.グローバルチーム創り理想の多国籍チーム/安定と連携のチーム力/One Teamの意識 
5.多国籍従業員指導外国籍従業員に対する対話指導のポイント/実践指導コミュニケーション 
  • 5つのカテゴリーのうち、「1.異文化理解・受容」は単体で受講して頂くことができます。
  • 各研修の所要時間は4時間です。
  • 2~5の研修は「1.異文化理解・受容」を受講した上での実施となります。
  • 研修所要時間については、ご事情を踏まえ、ご相談させて頂きます。
  • 詳しいカリキュラム、料金等については、お問い合わせください。

【真の異文化理解教育】企業研修担当者が踏まえるべき6つのポイント

【外国人顧客対応CS研修】高CSに欠かせない8要素

 

お問い合わせはこちらから