人事が最も注目する大学「国際感覚や自立性評価」

人事が最も注目する大学「国際感覚や自立性評価」

 

先日、日本経済新聞社と日経HRが実施した、「企業の人事担当者から見た大学イメージ調査」結果が公開されました。

「行動力」「対人力」「知力・学力」「独創性」の4つの側面で評価した結果、総合ランキング1位になった北大は、国際社会で活躍できる人材の育成を整備している大学です。

 

 

また、納得の結果になったのが、今人事が注目している大学ランキングです。

上位にはグローバルで活躍できる人材の教育に力を入れる大学が入っています。

 

  • 1位の国際教養大学は、国際色豊かな環境が評価され、実際人事からは「国際感覚や自立している学生が多くいる」と言われています
  • 2位の立命館アジア太平洋大学は、「多様な価値観で学ぶので、意見をはっきり伝える能力が高い」と評価されています

 

 

一方、採用時に重視する項目で最も高かったのは以下3要素でした。

  • 「コミュニケーション能力が高い」と「主体性がある」で88%
  • 「チャレンジ精神がある」が83%

 

 

【学校向け】グローバル環境をイキイキと生きていくために大切なこと

⇒「学校向け グローバル人材教育」

「主体性を高める行動」は「主体的な行動を取ること」ではない

⇒「主体性を高める方法」記事はこちらから

「多様性を受入れる方法」は「多様性を理解すること」ではない

⇒「多様性を受入れる方法」記事はこちらから

「協調性を養う行動」は「協調性ある行動を取ること」ではない

⇒「協調性を養う行動」記事はこちらから

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください