「女性活躍、日本は遅れている」指摘の前に真のグローバル視点を

「女性活躍、日本は遅れている」指摘の前に真のグローバル視点を

「女性活躍、日本は遅れている」指摘の前に真のグローバル視点を

 

日銀で、女性初の理事が誕生しました。

 

北欧フィンランドで、サンナ・マリン新首相が誕生した昨年、日本では「女性初」と34歳という「若さ」がニュースになっていました。

フィンランドの新内閣は19人のうち12人が女性です。

当のフィンランド国内では、「女性初」も「若さ」も、何の話題にはなっていなかったそうですが。

ベルギーやニュージーランドでも女性が首相です。

日本の男性偏重が改めて浮き彫りとなっています。

 

そう聞いて、「日本は古い!時代遅れだ!」「企業体質が問題だ」「男性たちが問題だ」「政治家が問題だ」?

 

女性躍進に遅れる日本の問題点を指摘する方は、皆に代わって高い意識をもち、問題提起してくれる、ありがたい存在です。そして、その意見は的確です。

 

ただ、それは、自分以外の他者の過去の行動・決断・意識を批判することでは、まずありません。

 

まず、今、自分たちが暮らしている国が、ここにあることに目を向け、感謝です。

私たちの知らないどこかで、想像を遙かに超えた積み重ねが繰り返されて、今の社会があります。

「女性活躍」の部分においては、これからかもしれませんが、あまりにも多いその他の部分において、社会を築き上げ、小さなピースを埋めながら、力を尽くしてきた過去の日本人がいて、現代の日本人がいて、これまで主導して、日本を築いてくれた男性たちがいて、これまで主導して、日本を築くサポートをしてくれた女性たちがいて、声を挙げた人がいて、犠牲になった人がいて、亡くなった方も大勢いて、今頑張っている人も大勢いて、それで、日本が今あります。

まず、今の日本に感謝で、築き上げた人々に「ありがとうございます」です。

 

 

グローバル教育では、多様性を活かした気づきを、いかに成果へ繋げるかが大切なポイントです。

日本企業の中には、グローバル環境に対応するために、抜本的な改革を行う企業もあります。

まず大切なのは、多様な従業員が意見を出し合うことです。

役職・年齢・性別・国籍・社歴・専門など関係なくブレインストーミングです。

そのブレストを、成果に繋がりやすくする要素・方法があります。

それは、異文化受容・多様性の活用意識・尊重と承認の対話・ビジョン意識などの、グローバル人財としての基盤となる考え方です。

 

世界と比較しても、もっと日本は女性が活躍できる社会を創らなければ!!と、グローバルな視点で考えることができるならば、

  • まずは、今あるモノに心を配る感謝
  • 自分以外の全ての他者に対する敬意・尊重・承認
  • それはつまり、グローバルに評価できる社会を創る上で欠かせない意識を大切に抱き、周囲に共有

 

これらが、大切な最初の手順です。

そして、この部分、日本人の「得意な意識」です。

 

「奴ら」「連中」と言う発信者

「『奴ら』『連中』と言う発信者」記事はこちらから

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください