【グローバルリーダーの資質】コロナ禍で問われる安全への偏見

新型コロナウィルス感染者が増える中、多くの組織では今、延期や中止を検討している会・イベント等があることと思います。

例えば、

取引先との対面での打ち合わせ、外部施設を借りての勉強会、集合型の外部研修。

研修旅行をどうするか検討している学校もあるでしょう。

 

責任者が話し合って延期や中止を決める中、リーダーたちは何を基準に考えていますか。

リスケジュール可能かどうか、代替手段はあるか、損失額、全体のスケジュール・・・

その中の一番最初に、「関わる人々の安全・命」があるのでしょう。

 

「関わる人」とは、部下や後輩だけではなく、「自分」も、上の立場の人もです。

そして当然、社内の身内だけではありません。

業務を委託している人も、「安全が守られるべき大切な人」です。

 

命や安全の重みに立場は関係ないはずです。

「お客さま側だけ」が延期中止の決定権を持っているわけではありません。

人として、全ての人が、自分や社会の安全を考慮し、延期中止の決定権を持っているはずなのです。

no matter who you are.

 

 

「僕は自分を危険にさらしてまで働くつもりはない」

「自分に無理をさせてまで、あなたがその業務をする理由はなんですか?」

「なぜ無理をして働くんだ?」

これらは、過去関わった外国籍従業員の言葉です。

what are the values for you?

 

「仕事なんだからこのくらいは・・・」

「責任者なんだから・・・」

と、自分の安全を真剣に守ろうとしないリーダーの姿を周囲は見ています。

自分を大切に扱わないリーダーは、平時は穏やかでも、

危機的状況になると、周囲にも無理をさせると思われるからです。

it doesn’t seem important to him…

 

「管理職なんだから多少の身の危険は・・・」

「部下を守るために自分が・・・」

これらを美談だと勘違いしてはいけません。

この考え方・働き方に、持続可能な発展は期待できないからです。

「どこかに無理・我慢・シワ寄せが生じていないか?」を正しく見極めることは、リーダーに必要な資質です。

自分が無理をすることで全体の仕事を円滑に回せるなら・・・と考えているリーダーがいたとしたら、

そのリーダーはいい人です!!

しかし、周囲を導くビジョンが適切に設定されていないかもしれません。

see what’s inside him/her.

 

関わるビジネスパートナー、取引先、上司、会社などが、「何視点」で動いているのかを、大切に観察しましょう。

自己都合を最優先させることも、利益を上げる以上は大切なことでした。

その積み重ねが、今の発展を創り出してくれました。

しかし、全ては、過去の積み重ねの結果です。

安全軽視、自己犠牲、自己優先、その積み重ねが、その組織やリーダーの未来における結果です。

自分はどのような視点で動きたいのか、そして、どのような人・組織・仕事と関わるべきなのか。

そして、何を基準として、ビジネスを、社会を、回していきたいのか。

I know you know it.

 

 

 

Follow me!

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください