外国人 接客 トラブル クレーム 英語 対応 単語の使い方「嫌味なpleaseに注意」

「please」の落とし穴

一般的なサービス現場において、外国人のお客様に対応する際、何も難しい語彙なんて必要ありません。

基本的なフレーズや単語を、

「うまく」使うだけ!と言っても過言ではありません。

と言うと、皆さん「えー?!」と仰います。

なので、研修では実際に、外国人のお客様からのクレームを解決へ導くまでに、対応者が英語で何と言ったか、ということを、具体的に示すこともいたします。

すると、必ず気付いて頂けます。

 

なんだ、難しい英語なんて使ってない…

そうなんです。

難しい英語なんて、使わなくて大丈夫なのです。

(一般的なサービス現場の場合です)

 

では、

クレームをスムーズに解決させる対応者は、

何が違うのでしょうか?

 

単語の「使い方」が違うのです

単語の使い方、言い方を、微妙に、意識的に、

操っているのです。

 

例えば、

万能word「please」

①Could you please show me your ticket?

②Could you show me your ticket, please?

 

この2つの文章は、pleaseを使う場所が違います。

どちらが好ましいでしょうか?

実際に聞いて比較して頂けると、すぐに分かるのですが、

接客現場では、①が好ましいのです。

 

なぜでしょうか?

②の場合、

Could you show me your ticket…..と、途中まで言った段階で、もし、お客様がticketを取り出そうという動きをしていなかった場合、

最後の「please?」は、催促に聞こえてしまい兼ねません。

「だから早く見せてよticket」的なニュアンスにも受け取られ兼ねません。

こちらは、そんなつもり、全くないのに。

 

pleaseを最後に使うのが間違っているということではありません。

最後に使う方が言い方が柔らかくなる場合もあります。

今回の例のように、お客様に対して何かを依頼して、すぐにその為に動いて欲しい時などは、

少し心に留めておいてください。

pleaseの使い方。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です