【One Team Japan】⑤英語に対する意識(1)「外国人の期待値を知る」

【One Team Japan】のコラムでは、

自治体や地域住民対象グローバルコミュニケーション講義にて

お伝えしているポイントや、自治体や地域住民とお話しする中で

気づいたことなどを紹介しています。

まず私達は、地域創りやグローバルコミュニケーションの

目的を以下のように定めています。

  1. 外国の方と日本人住民が関わる中で、多くの幸せを感じること
  2. 1を通した、更に心豊かな地域創り

こちらの記事で、このコラムの目的/目標をご確認ください。

 

英語に対する捉え方(1)「外国人の期待値を知る」

これまでのOne Team Japanのコラムで、

外国人との接点でお互いが多くの幸せを

感じるためにも、心豊かな地域創りにも、

心=マインドが大切だとお伝えしました

 

しかし、語学力などのスキルも、

異文化情報などの知識も、

やはり大切です。

心のこもったコミュニケーションを、

スムーズに継続させるからです。

相手を思う優しさが、

スムーズに伝わるからです。

語学力などのスキルも、 異文化情報などの知識も、 やはり大切です。 心のこもったコミュニケーションを、 スムーズに継続させるからです。 相手を思う優しさが、 スムーズに伝わるからです。

今回は、スキルの中の基本「英語力」

について考えていきます。

 

日本人らしい「相手に悪い・・・」は素晴らしい!!

外国人をもてなしたい気持ちはあるのに、

英語が思うように使えないということはよくあります。

そこで自信を無くしたり、恥ずかしくなったり、

申し訳なく思ってしまう…そのような人々が

多い国、それが日本です。

 

同じ「外国語が使えないので外国人と話せない」

という状況下にいても、そのことを、

「困ること」「自信を失うこと」と位置づけるのか、

それとも、

「通じなくて当然!」「これぞ正に異文化交流!」

と明るく捉えるのかは人によります。

ふたつにひとつなのですが、多くの日本人は前者です。

同じ「外国語が使えないので外国人と話せない」 という状況下にいても、そのことを、 「困ること」「自信を失うこと」と位置づけるのか、 それとも、 「通じなくて当然!」「これぞ正に異文化交流!」 と明るく捉えるのかは人によります。 ふたつにひとつなのですが、多くの日本人は前者です。

 

日本人は英語が通じないことに「困る」国民

でもこれは、日本人の素晴らしい特徴とも言えるのです!

通じなくて申し訳なくなるのは、

相手の気持ちや状況を親身に思っているからこそです!

英語を正しく話さなければ…と思っているのは、

常に高みを目指す日本人のDNAの表れです!

このような日本人の特徴が、今の日本のもてなしや

技術を築く基になっているのです!

 

では、困らなくて済むポイントを挙げます。

 

英語を使う際の意識ポイント①「外国人の期待値を知る」

まずはじめに、外国人は日本が

英語圏でないことは百も承知です。

そして、多くの外国人は日本語の魅力を、

日本人には気付かないような視点で見つけています

日本人は美しい日本語を話すのです!

しかも上手にペラペラと!

これは、かっこいいことです!

 

そして、もうひとつ、

外国人はなぜ日本に来るのでしょう?

日本で何を知り、何を感じたいのでしょう?

 

例えば、来日したアメリカ人が日本のお店を訪れた時、

日本人店員がHi!、Welcome!と言えば、

歓迎の気持ちに喜ぶでしょう。

でも、彼らにとってHi!もWelcome!も、

アメリカにいれば毎日のように聞くことができます。

 

日本人が話す「いらっしゃいませ」「こんにちは」

という音は、日本に来なければ聞けないのです。

もちろん英語で歓迎することも素敵なもてなしです。

でも、ありのままの日本を保つことも大切な価値提供であり、

これも相手を想ったもてなしなのです。

外国人たちは、

豊かな日本を自分の目で見て、

日本人の価値観に触れて、

日本人の幸せを知るために、

日本に来ています。

ありのままの日本を保ち見せることも、

大切なもてなしです。

だから私たちは「日本を誇り、自分を誇る」(大前提条件③

ありのままの日本・日本人・あなた自身を、

自信を持って保つこと、

意識していなかった日本らしさ・あなたらしさを、

堂々と見せることが大切です。

 

どのような「日本らしさ」「あなたらしさ」

「地域らしさ」がありますか?

ありのままの日本・日本人・あなた自身を、 自信を持って保つこと、 意識していなかった日本らしさ・あなたらしさを、 堂々と見せることが大切です。

Follow me!

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください