研修後が本番です‼ 外国人客 リピート率向上「研修で『真の効果』を得るための3大注意点③」

外国人のお客さまの顧客満足度を上げ、リピート率を上げ、SNS拡散を促し、売上げに繋げたい。

そう考えた時、経営層は施策を考え、目標を達成するための行動を、現場社員に落とし込みます。

そこで、現場社員が目標達成するために、外国人客対応力を身に付ける研修が必要になる場合があります。

研修で「真の効果」を得るための3大注意点③

研修を検討する際に注意していただきたい点を、以下の3点に絞ってお伝えしています。

1)研修を導入する目的を明確にする

※「おもてなし接客研修」と「目標を達成するための戦略的対応研修」、選び間違えに注意です。なぜ?

2)研修会社に任せすぎては危険

※「弊社を御社の人事部だと思って、全てお任せください!」と言う研修会社には要注意です。なぜ?

3)現場社員が軌道に乗るまでの時期を大切に考える

※ノウハウを学ぶことがゴールではありません。try&errorを繰り返しながら目標に近づける環境が必要です。

 

本日は、3)現場社員が軌道に乗るまでの時期を大切に考える についてお伝えいたします。

 

現場社員が軌道に乗るまでの時期を大切に考える とは?

人は忘れる生き物です。

映画を観て感動した帰り道、「あ~今夜ビビンバ食べたい」と考える生き物です。

忘れるのが悪いのではありません。

ただ、「人は忘れる生き物だ」ということです。

研修の「本番」はいつ?

研修の「本番」は、研修中ではありません。

「研修後」です。

研修で得た学びや気づきを忘れることなく、仕事に活かさなければいけません。

 

研修にとって最も重要なことは、

研修後、

  • 受講者が研修で得た学びや気づきを、どのように活かすか
  • 研修で得た学びや気づきを基に、受講者自身がどのように成長を続けられるか

ということに尽きるのです。

 

研修後の効果を出すために

では、研修後の効果を出すために必要なこととは何でしょうか。

事前が8割

研修に至るまでの事前準備で8割が決まります。

研修後の効果発揮を見据えた内容にするために、研修会社はあらゆる角度から調査をし、企画します。

人は忘れる生き物だという前提で、考えます。

ですから、

研修会社に研修を依頼する方は、研修会社の事前準備に、出来る限りご協力ください。

 

逆に、

事前準備が足りないと思う研修会社があった場合は、聞いてみてください。

「本当に御社の研修を受ければ、その後効果が出るのですよね?だとしたら、どのようなイメージをお持ちですか?」と。

もし、研修会社側から具体的な対策が出てこなければ、お互いに協力をして、もう少し企画を練る必要があります。

絆グローバルの研修「事前調査・研修・事後サポートの3段階」

 

効果測定

研修のやりっぱなしは、いけません。

研修当日のアンケート調査ではなく、研修後の効果測定を行いましょう。

 

キーパーソンの存在

研修後の効果を出すためには、社内のキーパーソンが重要になります。

研修会社に事後フォローまで依頼したとしても、キーパーソンの存在が必要です。

何故なら、研修会社のスタッフはあなたの会社に就職するわけではないので、研修を終えた社員を、ずっとフォロー・サポートし続けることが出来ないからです。

研修会社のスタッフが入ってサポートすることも効果的ですが、

いずれは社内のみで教育が成り立つよう、キーパーソン・指導役を設けましょう。

キーパーソン・指導役を決める際は、その方のタイプに注意してください。

その方は、仕事の何に遣り甲斐を感じているタイプなのでしょうか。

指導役になったことで士気が下がってしまってはいけません。

 

研修会社との連携

研修会社と連携を取る際、大切なことがあります。

それは、研修会社に大切なことを決めさせないことです(笑)

研修会社は、得意とする研修に関してはプロですが、

あなたの会社の社風、業務については目下勉強中の素人です。

研修会社にリーダーシップが必要な場合もありますが、あなたの会社のスタンスに踏み込んではいけません。

研修会社には、あなたの会社の価値観を尊重し、調和するようなコミュニケーションを取ってもらいましょう。

 

まとめ

  • 研修後の効果と、その継続をしっかりと考えた研修を企画しましょう。
  • 事前準備では、研修会社にしっかりと協力しましょう。
  • 研修後の効果測定を設けましょう。
  • キーパーソン・指導役を設け、連携を取りましょう。
  • あなたの会社の価値観を尊重する研修会社を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です