【学生たちへ】⑯発表は「伝える」より「伝わる」を意識する

※コラム【学生たちへ】は、これからの未来を創っていく若い方へ向けて書いています。

私は、グローバル人財基盤形成教育を行っているHiranoです。

どのような環境にいても、自分や仲間の魅力や能力を最大限に活かしながら、

実際に社会で活躍している人たちが持っている要素を分析し、教育に活かしています。

そんな私が、生徒や先生、保護者、社会人の受講者と関わる中で気づいたことを、コラムで紹介しています。

 

今日のテーマは、「発表は『伝える』より『伝わる』を意識する」です。

発表は「伝える」より「伝わる」を意識する

前回のコラムで、仲間のビジョンを聞いてみよう!とお伝えしましたが、

グローバル人財基盤形成教育では、プレゼンテーション・発表の場を多く設けます。

それは、「自分の考えなどを相手に伝わるように伝える」能力は、

自分の魅力・能力を最大限活かしながら活躍する人には必要だからです。

 

発表内容は様々ですが、例えば、自己紹介、ビジョンのプレゼンテーション、リサーチ結果の発表などがあります。

 

伝わるように伝える」と言いましたが、

そもそも、相手に伝わることを特に意識せず発表することと、

相手に「伝わる」ように意識して発表することは、どちらが良いのでしょうか?

一体何が変わるのでしょうか?

あなたは普段の発表で、何を意識して伝えていますか?

 

発表するとき&発表を聞くときに大切なこと

普段から学生の皆さんへお伝えしている注意点をご紹介します。

発表する人 人の発表を聞く人
姿勢 背筋を伸ばす/腕や手の位置/足はしっかりと 発表者に誠意と敬意を払う姿勢
表情 イキイキと楽しそうに(話す内容に合わせて) 興味を持って聞いている表情
聞いてくれる人を順番に見て 発表者の目を優しく見る/目線に注意する
元気に(内容に合わせて) 話の邪魔にならない程度の相づち
話しながら手や体を動かしても良い 興味を持って聞いている自然な体の動き
気持ち 聞いてくれる人への感謝/伝えたい思い熱く 発表者への感謝/発表にMAX興味を持つ!
心は熱いが頭は冷静に/聞き手の理解度 発表者や人のため、自分の成長に繋がることとは

 

発表する時は、発表を聞いている人の理解度や興味の度合いも意識し、その場にあった伝え方をしてみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください