【グローバルリーダーの資質】真リーダーの金銭感覚

今回の記事は、自分がグローバルリーダー(時代を正しい方向へ導きながら成果を出す人財)であると既に自覚がある方へ向けています。

 

これからの時代がどこへ向かえば良いか、どのような基準で世の中が回っていけば良いのか、

これらに早くに気づき動き続けてきた真リーダーは、これまでの利益の出し方を考え直したか、

又は、これまで大きな経済的成功に恵まれてこなかったかもしれません。

そして恐らく、利益を競う周囲に人間的魅力を感じられず、その場を去り、

自分が信じる基準のもと、独りで動き始めたことでしょう。

しばらくは、葛藤があったかもしれません。

理想と安定の間で。

理想を追求する自分に何度も自問自答を繰り返したでしょう。

相当数の仕事を自ら手放したことでしょう。

理想と実績と信頼の間で、自分を信じ、励まし続けたでしょう。

 

そして、ようやく「理想が優先されるときにのみビジネスが発展する」仕組みを築き、

過去の自分の葛藤を労い、社会が進むべき道がより明確に見えるようになったでしょう。

ビジネスがうまくいかない人達を見ると、その原因が一目で分かるでしょう。

会社の規模、事業、利益等では計れない、相手の本質が瞬時に見えるでしょう。

自分が支援すべき対象や関わるべき相手が、明確に判断できるでしょう。

 

その基準に沿って生まれた利益・お金が、社会へ流れるべきお金です。

奪い、競い、欺し合い、

顔色、腹の内、語気の読み合い、

偽り、犠牲、シワ寄せ、

そこから生まれるお金は、受け取らない、回さない。

そういう覚悟で仕事を選び続けた結果、

ほらやっぱり「理想を追求しても利益が出せた」を証明し始めているでしょう。

 

良質なお金の流れを、世の中の基準にするのです。

ここまで考え動いているのが、これからのリーダーです。

You’re now sure it’s possible with the view inside you.

これからの新標準【お金編】

 

 

 

Follow me!

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください