【学生たちへ】㉝時代を創る意識

※コラム【学生たちへ】は、これからの未来を創っていく若い方へ向けて書いています。

私は、グローバル人財基盤形成教育を行っているHiranoです。

どのような環境にいても、自分や仲間の魅力や能力を最大限に活かしながら、

実際に社会で活躍している人たちが持っている要素を分析し、教育に活かしています。

そんな私が、生徒や先生、保護者、社会人の受講者と関わる中で気づいたことを、コラムで紹介しています。

 

この、若い学生さんたちへ向けたコラムの1回目で、「当たり前は変わっていく、変えていく」という話をしましたが、今日のテーマは、「時代を創る意識」です。

時代を創る意識

グローバル人財基盤形成教育で、私が日頃関わっている高校生がいます。

元気で明るく若々しい彼らですが、実はその胸には、色々な葛藤や悩みを抱えています。

進路の悩み、人間関係、家庭の問題、夢と現実の葛藤、性の悩み、様々です。

 

高校生たちの葛藤

明るく前向きに講義を受けていた生徒の、二人で話し始めた途端に溢れ出す涙。

決して多くはない人生経験の中で、悩みを抱え、精一杯自分を生きている生徒たち。

お喋りして笑っていても、悩みは笑顔のすぐ側にいつも陣取っている。

 

悩みを軽くしようと、精一杯自分の内面に向き合い、頑張っている生徒たち。

自分に向き合いきれず、社会や大人への怒りがこみ上げる。

同時に、怒りの感情で物事は好転しないと理解する頭が考える。

周囲への批判ではなく、自分に出来ることは何だろう、と。

自分に向き合いきれず、社会や大人への怒りがこみ上げる

どうにか見つけたその道が正しいと言われた時、涙が溢れ出す。

悩みはすぐにはなくならないけれど、歩むべき最善の道が分かった時、

心の中の何かが凄く軽くなる実感を得る。

そうやって、大きな一歩を踏み出している。

 

「社会はクソだから」

悩みを抱え、解決する術も打ち明けられる人も皆目見当たらない、という生徒が言いました。

今の社会を見ていても、大人に相談なんて出来ない、「社会はクソだから」と。

 

彼は、悩みを抱える自分のような人が、

「どのように発言でき、受け止められ、受入れられ、生きていければ理想なのか」

それが分かっているから、その通りに進まない環境=今の社会に苛立っています。

理想が分かっているから苛立つ、です。

社会の何がクソなのか、どうなれば良いのかが、

憤りと共に、悔し涙と共に、孤独感と共に、分かっている。

憤りと共に、悔し涙と共に、孤独感と共に、分かっている

 

個人の悩みが社会の基盤に変わる

今の社会を見て「クソだ」と思う視点、「もっとこうあるべき」と憤る感情がある若者は、

その感性で社会を創っていって欲しいと願っています。

 

今の社会がクソなのは、大多数の大人が、彼の思う理想の考え方や行動を取らないからです。

だから、自分にできる行動を通して、周りに理解者を作り、

社会を創る大多数の大人が、理想の考え方を知っている未来を創って欲しいです。

未来の大多数の大人が、理想通り堂々と行動できる未来を創って欲しいです。

未来の大人は、今の生徒たちです。

未来の大人は、今の生徒たちです

 

理解者が増えるために

理想の社会を創るにあたっては、大きな壁があります。

現実の問題や理想を知る若者たちが、将来社会を創る大多数の大人になるかどうかです。

まず、彼の周りの高校生が、彼が気づいている現実の問題や理想の状態を知る機会があるかどうか。

そして、知ったところで、それをどこまで真剣に捉えるか。

自分も理想の社会を創る一員になろう!と自覚までするか。

 

これを可能にするものが、ビジョンです。

各自がビジョンを抱くこと、

ビジョンを周囲に共有すること、

仲間のビジョンを真剣に聞き応援すること、

これらが、どこまで習慣化しているかということです。

Love your vision, share it, and grow in team.

 

先生にできること

先生の主な役目は、生徒の悩みを聞き、行動面でアドバイスすることではありません。

生徒たちがビジョンを抱き生きることを当たり前にできる環境創りと関わりです。

悩みを誰に打ち明けるか、どのような行動を取れば良いのか、

それを考えるのは生徒本人です。

 

周りの先生方にできることは、

先生自身のビジョンがどこにあるのかを明確にすることです。

そのビジョンの中に、「将来自分の能力や魅力を活かしてイキイキと社会のために活躍している生徒の姿」が含まれているのなら、あなたに関わる生徒はラッキーです。

あなたが今関わっている生徒たちが、時代を創っていくのです。

 

若者たちが、仲間の「真剣」を知ることが、理想の社会を創る基盤になります。

 

ですから、繰り返しますが、生徒たちが、

ビジョンを抱くこと、

ビジョンを周囲に共有すること、

仲間のビジョンを真剣に聞き応援すること、

これらが、どこまで習慣化しているかということ、

これらを大切に考えてください。

 

 

そして、生徒たちが将来どのような仕事に就いても、

理想の社会を創る上で柱となる役目を担うような人財になることを願い、

生徒たちの今と関わりをもっていきましょう。お互いに。

What a great contribution we are making to future society.

 

※ビジョンに関する過去のコラムを読んでみてください。

⑧ビジョンがある人・ない人

⑨ビジョンの種類

⑩ビジョンシートを書く

⑪なぜ今から取り組むのか

⑫ビジョンを叶えていく生活を計画する

⑬ビジョンを叶えていくための考え方(1/3)

⑭ビジョンを叶えていくための考え方(2/3)

⑮ビジョンを叶えていくための考え方(3/3)

 

 

 

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください