英語クレーム対応 悪質「仏様の法則」

お客様から悪質なクレームを頂いたら、どう感じますか?

1)最悪。なんなのこの人。あー時間かかりそう。

2)この人はどうしてこんなクレームを言わなければいけないのだろう

3)先輩に押し付けよう。

 

悪質なクレームには「仏様の法則」

悪質なクレームに大切なのは、マインドセットと論理的に対応することです。

今日はマインドセットについて考えてみましょう。

 

マインドセット

悪質なクレームでも、必ず解決します。まず自分に、これをインプットしましょう。

 

えーーでも、悪質なことを言う人は、話が通じないから、嫌だわ、あー言えばこう言うし、何を言っても絶対ごねるし。

↑↑↑↑↑

ふむふむ。そう思えば、そうなります(笑)

1番さんですね。

 

悪質なことを言ってるけど、この人は私には分からない問題を抱えているのね、だからこんなことをするのね、悪質なのは確かに良くないけれど、それ相応の事情があるのね、でも大丈夫、誠心誠意お話すれば、必ず分かってもらえるはず、私がお話を聞かせていただきます。

↑↑↑↑↑

こう思えば、こうなります(笑)

2番さんですね。仏になるのです。

 

agent-18762__180

 

 

 

 

 

このマインドセットが非常に大切なのが、クレーム対応です。

 

ポイントは

「相手の立場で考える」

「必ず円満解決するのだという前提で臨む」

です。

 

補足

お客様からひどいことを言われてしまっても、落ち込むことはありません。

ひどい言葉は、耳には入れるけど、心にまで入れる必要はありません。

分かっちゃいるけど、凹むのよね・・・ですよね。分かります。

でも大丈夫です。あなたの存在が否定された訳ではありません。

あなたがそれに耐えられる人だったから、神様は他の人ではなく、あなたにお願いしたのです。

 

まとめ

どんなに悪質なことを言っていても、相手も人間、人の子です。お母さんから生まれてきて、昔は子供だったのです。

仏の心には、かないません。

あなたは、仏になるのです。

 

悪質なクレームで困った経験、あなたの対応などを、コメント欄で是非シェアしてくださいね!

 

あ、3番忘れてました。

3)先輩に押し付けよう。

はい、退場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です