【学生たちへ】㉕外国人の異文化行動例とその背景

※コラム【学生たちへ】は、これからの未来を創っていく若い方へ向けて書いています。

私は、グローバル人財基盤形成教育を行っているHiranoです。

どのような環境にいても、自分や仲間の魅力や能力を最大限に活かしながら、

実際に社会で活躍している人たちが持っている要素を分析し、教育に活かしています。

そんな私が、生徒や先生、保護者、社会人の受講者と関わる中で気づいたことを、コラムで紹介しています。

 

今日のテーマは、「外国人の異文化行動例とその背景」です。

外国人の異文化行動例とその背景

前回のコラムで、「多様性受け入れ方」のコツをお伝えしました。

Step1「へぇ~」ありのままを受入れ、Step2「何か理由があるのだろう」と好意的に見る、でした。

 

では、そのコツを思い出しながら、今回は、外国人の異文化行動例を見ていきたいと思います。

 

みなさんは、外国の人と触れ合ったことがありますか?

外国の人の行動を見て、「自分と違うな」とか「こんなことするのか」と感じたことはありますか?

そのとき、その異文化行動を好意的に受け入れられましたか?

それとも、少し戸惑う気持ちがありましたか?

 

実際、日本人の中には、異文化を背景にもつ外国人の行動に戸惑いを感じる人が多いという現実があります。

具体的に、どのような異文化行動で戸惑う日本人がいるのでしょうか。

以下の表の4つの実際の行動と、それに対する日本人の捉え方を例に考えてみましょう。

レジなどの列に並ばない 話し声が大きい 食べ散らかす/食べ歩き 店内を勝手に撮影する
上記のような異文化行動に遭い、多様性を受け入れていない日本人は以下のように考えます
  • また〇〇人は列に並ばない!自分のことしか考えない人種だ!
  • 本当にマナー悪い!
  • Wait in line!!!
  •  また〇〇人がうるさくしている!
  • なぜあんなに声が大きいのか、まったく!迷惑だわ!
  • Be quiet!!!
  •  〇〇人は本当に食べ方が汚い! 片付ける人のことを全然考えないのか!
  • 行儀悪い!
  • 迷惑顔でfinished?
  •  なぜ勝手に撮影するのだ! 普通写真撮るか?
  • ルールを守る意識が低すぎる!
  • No photo!!!
それぞれの異文化行動には、どのような背景が隠されていたのでしょうか??
  • 列に並ぶという概念がない国がある
  • 列に並んでいたらいつまで経ってもバスや電車に乗れない国もある
  • ただ順番を待つなんて、なんて気力が低い行動だ
  • 言語学的特徴から声大きく話すのが生きる上で当然と
    いう国がある
  •  声が小さいと他人からの評価が下がり良い人生を送りにくい文化がある
  •  公共の場イコール大きな声で話すのが当然な国がある
  • ご馳走やもてなしに対して感謝をしている際は、食べ
    散らかすという行動でその気持ちを表現する国がある
  •  充分足りるもてなしだったことを伝えるために食べ物を残して帰ろう
  • 良い商品だから写真に撮って皆におしえてあげよう
  •  著作権を侵害してはいけないというルールを一度も聞いたことがない
  •  人気の商品は真似て作り安く売るのが効率よく賢いビジネス

 

どのような些細な行動にも、文化的背景が隠れているのです。

 

例えば、多くの日本人にとって、ゴミはゴミ箱に捨てるものです。

それによって街が綺麗に保たれ、不快な思いをする人を生まなくて済むからです。

一方、ゴミは路上に捨てるものだという考え方もあります。

それによって清掃員の仕事が生まれるのだから。

国が変われば、ゴミのポイ捨てが良いことにも悪いことにもなるのです。

 

異文化行動の背景には理由が無限にある

私はグローバル教育を始めた時、受講者が戸惑う外国人の異文化行動に隠れた文化的背景を、片っ端から調べました。

時にネットで、本で、リアルな声が聞ける外国人座談会を開いて。

そして、私が辿り着いた答えが二つあります。

辿り着いた答え① 異文化行動には必ず理由がある

日本人が違和感を感じる外国人の異文化行動には、必ず、複数の文化的背景があることが分かりました。

しかも、それらの背景は、どれもこれも、尊敬に値する、カッコいい、素晴らしい文化的背景です。

文化的背景を知れば知るほど、その国が好きになりました。

辿り着いた答え② 背景は無限にある

そして、もうひとつ辿り着いた答えは、異文化行動の背景を調べていたら、キリがないということです。

背景を知ることは楽しく、理解に繋がり、良いことでした。

 

しかし、背景を知っていようがいまいが、結局、目の前の異文化行動や異なる価値感を、好意的に受入れるのです。

文化的背景や理由が理解できなければ、自分と異なる行動や価値感を受入れられない・・・では困ります。

 

極端に聞こえるかも知れませんが、私はこう思っています。

「理由なんて何でもいいや!」

「きっと素晴らしい理由があるのだろう!」

 

相手の価値感をありのまま受入れる前提で、その文化に興味があれば、調べてみれば良いでしょう!

ますます興味をもつことになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください