つぶやき★「日本106位!!労働ダイバーシティ」多様性の活用と語学力

以前、共に働いた外国人の同僚達から言われたことがあります。

「僕はあなたと働くことが楽しい。あなたたちが好きだよ。

でも、この会社は、僕たちが好きじゃないよ。」

日本企業の、

「発展途上な異文化受容力」「多様性活用意識の低さ」「英語コミュニケーション力の不足」は、

外国籍従業員を、「会社は僕たちを好きじゃない」と思わせていたのです。

そのような感情を抱くということは、

彼らが自分の能力を最大限活用するという流れの中においては、邪魔・障害です。

取り除くべきモノです。

多くの優秀な外国人は、「組織を変える」という方法ではなく、「去る」という方法を選び、

自分の能力を活かす道を模索します。

多様性を活用し、組織力を高めたいと採用した外国籍従業員が、辞めていくのです。

世界経済フォーラム(WEF)の2019年版「世界競争力報告」で、

日本は総合6位と前年から1つ順位を下げました。

個別項目では、

労働人材の多様性を示す「労働ダイバーシティー」が106位(前年は81位)、

「外国人採用」が82位(同77位)と極端に低い結果でした。

WEFは「日本はトップイノベーター国の一つであるにもかかわらず、それぞれの項目がパフォーマンスを押し下げている」と指摘しています。

グローバル人財基盤形成において、グローバル環境で活躍するための要素として、
重要な位置づけにあるモノがマインドです。
そして、適切に築かれたマインドが成果を出すために作用するとき、
あまりにも大きな武器になるのが、スキル、例えば外国語によるコミュニケーション力です。

日本の多様性が低い原因の一つは言語コミュニケーションにあります。

日本貿易振興機構(ジェトロ)が18年に実施した調査では、

外資系企業の約6割がビジネス上の阻害要因として「外国語によるコミュニケーションの難しさ」を挙げたそうです。

例えば英語力。

英語ができる、イコール、グローバル環境で活躍できる、訳ではありませんが、

英語習得に対して、なかなか前向きになれない・腰が重い・苦手意識がある、

ということもあるでしょう。

英語習得に前向きになれないのには、ちゃんと原因があり、解決することができますが、

英語を仕方なく習得している現状があるとしたら、

視点を変えてみるのも良いと思います。
英語ができれば、自分の中にある良い考え等を発信する機会を創ることができます。
その機会があって初めて、周囲に伝わる、と考えると、英語力は重要な位置づけです。
出来る限りの努力をして伸ばしたいスキル、それが英語力です。

もしも、この考え方にピンと来ない or 言ってることは分かるんだけど・・・と続く場合は、

働く上での自分の姿勢に、テコ入れをしなければならないのだろうと思います。

set your vision.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください