【グローバル人材㉘】日本を説明する【自文化理解/多様性】

【グローバル人材㉘】日本を説明する【自文化理解/多様性】

【グローバル人材㉘】日本を説明する【自文化理解/多様性】

 

前回のコラムで、「自文化に対する思い」について確認しました。

【グローバル人材㉗】自文化への思い【多様性・異文化受容/世界の苦しみ】

 

自文化、つまり、自分の国のこと、自分のこと、自分の分野のことなどを、良く理解しているか、人に語ることができるか、ということが、「自分軸と自分軸の交わり」から成る多様性豊かな時代の異文化コミュニケーションには大切だということをご紹介しました。

 

そして、「揺るぎない異文化受容力を得る方法」のコラムでは、「日本についてしっかりと語れますか?」と聞きましたが、いかがでしたか?

ご自分なりに堂々と語ることができましたか?

【グローバル人材㉖】揺るぎない「異文化受容力」を得る方法

 

今回は、「日本のことを知らない外国人に、日本のことを説明してみましょう」というテーマです。

 

日本の文化を説明する

下の表の各テーマ毎に日本の特徴やあなたが外国人に知って欲しい情報を日本語で記し、英語での説明に備え必要な英語情報をメモしておきましょう。

下の表を埋めても良いですし、自由に準備しましょう。

特徴などあなたの視点英語での説明に備える
食事
服装
価値観
宗教
建築

 

 

外国人からの質問に答える

次に、日本を訪れたり、日本人と仕事をしたことがある外国人から、実際に聞かれた以下の質問に対する答えを調べ、答える準備をしてみましょう。

Why!?「日本では、なぜ・・・」あなたの答え文化的背景・理由
1なぜ車は左側を走るの? 
2なぜ電車やバスは、時刻表通りに来るの? 
3なぜ挨拶の時、お辞儀をするの?
4なぜお茶碗を持って食べるの?
5なぜ食事では「いただきます」

「ごちそうさまでした」って言うの?

6なぜキリスト教徒でないのに、

教会で結婚式を挙げるの?

7なぜ話をするとき、相手の目をあまり見ないの?
8なぜ人前では大人しいの?

発言の時、声が小さいの?

9なぜあまり感情を表に出さないの?
10なぜ自分の気持ちや意見をハッキリ言わないの?
11なぜお互いに遠慮や気を使い過ぎるの?
12なぜ先輩・後輩など、上下関係が厳しいの?
13なぜ一つの部や組織だけに所属するの?
14なぜ時間、ルール、仕来りに厳しいの?
15なぜ物事を決めるのが遅く、

実行するまで時間がかかるの?

 

日本人の言動の背景にある文化を伝える

あなたなりの答えを調べ終わったら、機会を作って発表してみてください。

ちなみに、上記に対する答えはありません。

実際、講義ではサンプルとして、日本の歴史を紹介しながら答えのサンプルを伝えますが、内容は重要ではありません。

 

日本人が「日本人の○○という行動に隠れた文化的・歴史的背景は、これです!」と言えば、

それは全てが正解です。

 

同じ日本人だって、

「日本人はなぜ、挨拶の時にお辞儀をするのですか?」

「和食の魅力は何ですか?」

と聞かれた場合、100歳の人と、10歳の人では、答えが変わると思いませんか?

ここが大切なポイントです。

 

3人のフランス人が語る「フランス料理が美味しい訳」

美食の国フランスの多くの人は、フランス料理に誇りをもっています。

実際、3人のフランス人に、「フランス料理はなぜ美味しいの?」と聞くと、一体、どのような答えが返ってきたと思いますか?

 

◆フランス人①

「フランス料理はワインと共に発展した。フランス料理をおいしく食べるためにワインが発展し、ワインをおいしく飲むために料理が発展した。料理とワインは、そういう関係なのさ。分かるかい?」

「フランス料理はワインと共に発展した。 フランス料理をおいしく食べるためにワインが発展し、ワインをおいしく飲むために料理が発展した。 料理とワインは、そういう関係なのさ。分かるかい?」

 

◆フランス人②

「フランス人は食事を楽しむの。家族や仲間と楽しく話ながら食べるのが当たり前なの。その人との繋がり、コミュニケーションが、食事をおいしく仕上げるのよ。」

「フランス人は食事を楽しむの。 家族や仲間と楽しく話ながら食べるのが当たり前なの。 その人との繋がり、コミュニケーションが、 食事をおいしく仕上げるのよ。」

 

◆フランス人③

「イタリアが美食の国だって知ってるでしょう?16世紀ルネッサンス時代に、そのイタリアからフランスのアンリ2世に嫁いだ女性に仕えた料理人によって、イタリアの豪華な料理がフランスに伝わったんだよ。だから、フランス料理がおいしいのは、イタリアのお陰なんだよ。」

「イタリアが美食の国だって知ってるでしょう?16世紀ルネッサンス時代に、そのイタリアからフランスのアンリ2世に嫁いだ女性に仕えた料理人によって、イタリアの豪華な料理がフランスに伝わったんだよ。だから、フランス料理がおいしいのは、イタリアのお陰なんだよ。」

 

 

さて、あなたは、3人のフランス人が語る「フランス料理が美味しい訳」の中で、どれが正解だと思いますか?

 

 

これは、全て正解です。

当然です。

フランス料理のことを聞かれたフランス人が、「これがフランス料理が美味しい理由だ!!!」と断言しているのですから。

 

日本を語る時の最重要ポイント

もう分かりましたね。

自分の国のこと、自分のこと、自分の専門分野のこと、学校のこと、住む地域のこと、これらを人に説明する時に最も大切なもの。

それは、「どのような気持ちで」あなたが説明しているのか?ということです。

 

あなたは、「自分にとっての日本」を、堂々と説明できますか?

YouTube「日本・自分を堂々と語る」動画はこちらから

 

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください