中国人 接客 研修「選ぶべき中国人客向け接客研修とは」

中国人接客指導に最適な研修とは?

訪日外国人の中で、最も多いのは中国からのお客さまです。

爆買いは収まり、越境ECが目立つようになりましたが、

それでもやはり、中国人のお客さまは、日本にとっては、最も大切なお客さまです。

 

中国人の消費行動

平成29年4-6月期の訪日外国人旅行消費額を国籍・地 域別にみると、

1位はダントツ、中国で 3,682 億円。全体に見る構成比は34.2%

訪日外国人1人当たり旅行支出では、

1位 英国(25.1 万円)、2位イタリア(23.3 万円)、

そして、 中国は3位(22.5 万円)でしたが、

消費品目別に見ると、買い物代においては、中国はダントツ!131,128円(一人当たり)です!

(参考に、イギリスの買い物代は31,647円、韓国は18,987円、香港は56,100円。)

※出典:日本政府観光協会(JNTO) 訪日外国人の消費動向 平成 29 年 4-6 月期

 

増え続ける中国人接客場面

そして更に、

日本への再訪意欲を見ると、訪日中国人の、なんと92.5%もの方が、

日本にまた来たいと思っています。

つまり、

中国人のお客さまをお迎えする機会は、今後も増え続けることが予想されます。

 

しかし、

難しい中国人接客

同じアジアでも、日本人の私たちは、中国人とは、あまりに異なる文化を持っています。

先日のコラムでもお伝えしましたが、接客場面でのトラブル内容を見ても、

日本人にとっては、対応の難しさを感じることが多いのが現実です。

※参考記事:外国人 クレーム 対応 無理な要求「中国人のクレーム」

 

では、

中国人のお客さまを接客する日本人スタッフは、大切なターゲットでもある中国人のお客さまに対して、

どのように対応すれば顧客満足度を上げることが出来るのでしょうか。

口コミ文化が根強い中国人に対して、どのように貴社に対するプラスの口コミを広めてもらえるのでしょうか。

どのように対応すれば、売上げをアップさせ、リピートを呼び、口コミを広められるのでしょうか。

 

対策は?

大切なことは、中国人のお客さまが満足する対応を知ることです。

ここで注意することは、それはイコール、「中国人好みの対応をすること」とは必ずしも一致しません。

「中国人が好む対応を踏まえた上で、貴社の(日本人らしい)対応をすること」です。

 

その為に、

中国文化を学んだり、中国人向け接客を学ぶのは、とても効果的です。

 

しかし、

ここで、とても大切なポイントがあります。

 

より効果的な学びを

それは、「誰から学ぶか」です。

接客を学ぶのですから、講師は「接客経験者」が適切だという考えもあります。

ただし、

単に感じの良い接客を目指すのではなく、

売上げ、リピート率、口コミ率を上げることを考えるのであれば、

中国人が消費や口コミ等の行動を起こす心理メカニズムを充分理解している人が、実は適切なのです。

 

それは、つまり、

「中国人客の接客経験がある日本人から学ぶ」のではなく、

「中国と日本の文化両方を理解し、ビジネス経験もある中国人から学ぶ」方が相応しいのです。

 

そして、更に良いのは、

 

そのような中国人講師と貴社の間に、適切な、文化と接客方針の通訳者がいることです。

潤滑油のような役割を果たしてくれ、とてもスムーズに目標へたどり着けるからです。

 

日本人従業員向け「中国籍顧客対応研修」と、

中国籍従業員向け「日本における顧客対応研修」「日本企業への入社準備 ビジネスマナーとCS研修」

お問い合わせはこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください