これからの時代に求められる人

これからの時代に求められる人

これからの時代に求められる人

 

コロナによって、人々は「思いやり」を問われました。

 

  • 自分ごとの範囲を広げること
  • 自分ごとのように、他人を思いやり行動すること

 

これからの時代は、これらが求められるようになるのではないでしょうか。

 

【グローバル人材⑭】ビジョンが叶う人の考え方2「自分ごとの範囲が広い」

「自分ごとの範囲が広い」記事はこちらから

 

これは、人によって表現は変わるでしょう。

真心、豊かな心、思いやり、感謝、尊重。

 

 

そして、これからの時代に求められる人。

それは、豊かな安定した心で、人々への貢献に真剣な人ではないでしょうか。

そのような人が、これからは、世界から必要とされるのではないかと思います。

 

そのような人の影響を受け、世界が変わっていく。

自分のこと、自国の利益だけを優先させることから、自分以外の人のことも、大切に考えるように。

見ず知らずの他人の安全を守るために行動するように変わっていく。

思いやりが、深く浸透していく。

と、いいなと思います。

 

道徳経済合一説を説いた渋沢栄一さん。

疲弊した人心の立直しを図った二宮尊徳さん。

そのような方に、再び学ぶときなのかもしれませんね。

 

豊かな心で人々、周囲、会社、地域、社会、世界などに貢献する人々は、その出番が来るのではないでしょうか。

そして、貢献が人々の元に充分届くために、発信が充分伝わるために、最終準備をする時ではないでしょうか。

心の安定と成長、知識・知見・経験、伝える力、聞く力、寄り添う力、理解する力、見た目の魅力。

これらの要素は、伝えたいことが相手に充分伝わっている人が備えているものでしょう。

それぞれを、自分なりに細分化し、必要な準備を行うことが、大切かもしれません。

update notice
最新の更新を
プッシュ通知で受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください