グローバルリーダーの資質「苦難をトータルで捉える」

理想のリーダーは、目先と理想を捉える目が自由自在にFocus onできます。

更に、目先の苦難が理想の地盤になっていることを、なってきたことを、なっていくことを、

実感と共に理解しています。

 

今、世界はコロナ禍で混乱の中にありますが、

ここからの時代を引っ張っていける人・組織が、その準備を終え始めているように思います。

彼らは、コロナ禍を生き残る術や、儲かる新たな術を見つけたのではなく、

いかに事業を通した社会貢献・地球貢献を創造していけるかを見出し、動き始めたのです。

これまでの「事業を通した貢献」とは、内容が異なっています。

プレスリリースも必要ありません。

周囲から理解されない壁を乗り越え、流れ行く人材を整理し、

人・組織としてのビジョン設定を繰り返してきました。

とても地味で根気を要し、目先何の利益も生み出さない作業に、彼らは時間を掛けてきました。

「持続可能な発展」を真剣に捉えました。

finally they got the image real.

 

これから、ビジネス社会においても、目を背けたくなるような苦難が続々と身近を襲うかもしれません。

利己主義の仕事が目に余り映し出され、淘汰されているからです。

 

教育業界も同様です。

提供する教育内容と、教育会社や講師の実態が異なっていれば、

長年歩んだ道を引き返さなければいけなくなっています。

消費者の視点が、「実績」から「実態」に移ったからです。

「本質」を見る消費者が増えているのです。

(本質を見ていない消費者は、本質を捉えていない教育と需要と供給が一致し、成り立っています。)

which way you’re going to?

 

より良い基準で世の中を回そうとしているのは、

ビジョンに立ち返った事業者だけではなく、消費者としての立場の個人・事業者もです。

 

苦難は、その事業や組織・人が、正しい基準で活動するための修正機会です。

あなたは、そのことを理解しているリーダーですか。

the chance visited you.

 

修正できる人・組織は、本腰を入れる時です。

うわべを整えて再出発するのではなく、大きく軌道を修正するのです。

何のための事業だったのか。

軸はブレていないか、太いか、複数ないか、周囲と共有されているのか。

complete different roads, but look similar.

 

修正を終え、今新たな歩みを始めた人・組織は、

その気づきと能力が正当に通じる環境を、勇気を持って選り好みしていくことも責任です。

その責任が集合体となり、より良い基準で世の中を回していくことに繋がります。

as your vison.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください